平成24年3月議会報告

3月議会を終えて

 3月定例議会は新年度予算や23年度の補正予算・新年度の施策に向けた条例制定や一部改正など、たくさんの議案を審査します。
  今議会は一般質問の通告を提出しませんでしたがその分、本会議での所属常任委員会以外のものや総務文教委員会において、たくさんの質疑をしました。 中でも「見附市歩こう条例」制定においては、基本計画の中に障がいのある方の視点〔生きがいやバリアフリー〕の視点を盛り込むのかと問いました。


議会報告<2012年3月> 平成24年3月9日(金)~22日(木)

<主な提出議案>

  • 平成24年度見附市一般会計外、各会計予算
  • 平成24年度見附市一般会計外、各会計補正予算
  • 見附市健幸基本条例の制定について
  • 見附市歩こう条例の制定について
  • 見附市災害対策本部条例の一部を改正する条例の制定について 外

<一般質問>

今回は12名の議員が質問通告し、道の駅事業や子育て支援・防災対策・事務嘱託員制度についてなど多角的な質問がなされ、この度は質問・答弁含めて50分のルールは、ほぼ守られました。

<24年度の主な施策>

第4次見附市総合計画後期基本計画の5つ柱に基づいて施策が展開されます。

  • 大腸がん検診受診促進
  • 地域防災計画策定
  • 学校体育館天井耐震化
  • 浄水場更新測量・実施計画・中央ガス供給 など

<市民の利便性の事業>

  • コミュニティバスもう1台導入
  • バス位置情報導入
  • 民間放送局(BSN)テレビデータ放送システム導入
  • 住宅等リフォーム補助事業
  • 市民活動支援補助事業
  • 受付窓口番号案内システム導入
  • 古着の回収事業
  • 市県民税
  • 国保税コンビニ収納業務等々